【スマートホーム】生活にSwitchBotとAlexaを導入したらちょっと便利になって嬉しい

スポンサーリンク

ちょっとだけ生活の一部が変わってちょっと楽になった

Amazon Echo DotとSwitchBotでスマートホーム(ルーム)化

「Alexa、おはよう」(「Alexa、ただいま」も同様)
これだけで部屋の電気・モニタ・スピーカーがオンになる。

「Alexa、行ってきます」(「Alexa、おやすみ」も同様)
これだけで部屋の電気・モニタ・スピーカーがオフになり、ルンバもどきが走り出す

これがたまらん。
Alexaの設定はalexa.amazon.co.jpからできる。定型アクション(「Alexa、○○」で動作させる設定)はスマホアプリから。

もちろん電気もモニタもスピーカーもルンバもどきも手で操作すればいいだけなんだけど、自動でやってくれるとちょっとした楽しさがある。

ちょっと暑いな、と思ったら「Alexa、扇風機つけて」
帰宅直後はクーラーガンガンに効いた部屋で涼みたいと思えば外出先からエアコン操作もできる。

SwitchBotのアカウントを作成してHub PlusかHub miniを買えば外出先からでも操作可能。VPNやらの小難しい作業もナシ!

自室の加湿空気清浄機では冬から加湿が常にオンになっているのだが、タンクの水がなくなったことに気づかずに空気がカラカラになってたりする。音が鳴ったりしてくれればいいのだが……。
温湿度計で湿度40%を下回ったら通知が行くようにして、タンクの水補充もスマホ通知で気付くことができるようになった。

そんなSwitchBot製品がAmazonの新生活セールで安くなっている。(ポイントアップキャンペーンはこちら)
3/23までセール中なので、安いうちにHub mini(スマートリモコン)だけでも購入することをおすすめしたい。

なお、Alexaが使えるAmazon Echo Dotもセール中。
通常4,980円がセールで2,980円なので是非試してほしい。

スマートロックも検討中

CANDY HOUSEから出ているSESAME3というスマートロックが気になっている。

我が家の玄関ドアは上下に鍵がついているせいでスマートロック面倒じゃんと思っていたのだが、すまほん(@sm_hn)さんのレビュー記事によると、2つの鍵を同時に解除することもできるらしく非常に心が揺れている。

CANDY HOUSEの公式ブログではNFCタグの使用方法も載っていて、2つの鍵を同時に解除する方法も載っている。

5,800円でスマホから家の鍵を施錠/解錠できるスマートロック「SESAME3」
 CANDY HOUSEは、スマートフォンからドアの施錠および解錠を行なえるスマートロックの最新モデル「SESAME3」を販売開始した。価格は5,800円で、出荷時期は来年(2021年)の1月末から。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました