テザリング有効化時にAPNが勝手にdcmtrg.ne.jpに切り替わってしまうのを無効化する【docomo】

スポンサーリンク

テザリング時にspmode.ne.jpからdcmtrg.ne.jpに切り替わってしまう

確認にはDevCheckを使用

3月に買ったGalaxy S21をメイン端末にしてdocomo本家回線の5Gギガホプレミアを契約してモバイルデータ通信ライフを満喫している。
しかし、テザリングの有効・無効を切り替える際にいちいちモバイルデータ通信が一旦途切れる (5G/4Gの表示が数秒消える) のが不快でならない。

原因を探ると、どうもテザリング切り替え時にAPNがdcmtrg.ne.jpに切り替わってしまっている模様。

v6ft.spmode.ne.jpにセットすると切り替わらない

以前使われていたIPv6シングルスタック試験用のAPNにセットしていればAPNが切り替わることはなかった。
おそらくAPNがspmode.ne.jpにセットされている時だけ発動するのかもしれない。

昔はMVNO契約でのテザリングができなかったようだが、spモードだけはdcmtrg.ne.jpに切り替えたい理由があるのだろうか。

方法

SetEditを使う

  • SetEdit (Settings Database Editor)をインストール
  • Global Tableに切り替え、『+Add new setting』
  • 『tether_dun_apn』と入力して次へ
  • 『docomo spmode,spmode.ne.jp,,,,,,,,,,440,10,0,*』と入力
    • 戻したい場合は『docomo tethering,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,0,*』

adbを使う

adb環境があるならSetEditを使うより楽に設定を変えられる。

以下を実行するだけ。

adb shell settings put global tether_dun_apn docomo spmode,spmode.ne.jp,,,,,,,,,,440,10,0,*

『tether_dun_required 0』は効果なし

検証したのがGalaxy S21だけなので他の端末でどうなのかはわからないが、『tether_dun_required 0』を入力しても効果はなかった。 (元々項目がない)

終わりに

確認にはDevCheckを使用

上記画像でWi-Fiテザリングのアイコンとspmode.ne.jpのAPNが両立していることがわかると思う。

上記作業を行ったことでWi-FiテザリングやUSBテザリング、イーサネットテザリングを切り替えてもAPNが切り替わることがなくなって更に快適になった。

参考サイト

LINEモバイルとmineoでテザリングできるようにした – ysklog
LINEモバイルとmineoでテザリングできるようにした - Java、PHP、javascriptなどのプログラミング&Wordpress、HTML、CSSなどのWeb情報ブログ(最近は雑記や仮想通貨のことなど幅広く)
root不要でsettings.dbを編集する方法 - AndroPlus
ドコモの機種での格安SIM

コメント

タイトルとURLをコピーしました