コマンドラインでSpeedtest.netを利用する

私はWindowsしか使えないのでWindows版の紹介だけ。LinuxとかMacとか使える人すごい。

ダウンロード・インストール

Speedtest CLI - 開発者向けインターネット接続測定
Speedtest CLIを使えば、 Speedtestで使われている信頼できるテクノロジーとグローバルサーバーネットワークをコマンドラインで使用できるようになります。

Windows・macOS・Linux・FreeBSD版の実行ファイルが用意されている。
Windows以外ならターミナルからインストールすることもできる。

Windows版はインストール不要の実行ファイルが入ったzipなので、好きな場所に解凍して使う。

使い方

パラメータ一覧

-helpで表示できるけど一応パラメータ一覧を記載しておく。

C:\ookla-speedtest-1.0.0-win64>speedtest -help
Speedtest by Ookla is the official command line client for testing the speed and performance of your internet connection.

Version: speedtest 1.0.0.2

Usage: speedtest [<options>]
  -h, --help                        Print usage information
  -V, --version                     Print version number
  -L, --servers                     List nearest servers
  -s, --server-id=#                 Specify a server from the server list using its id
  -I, --interface=ARG               Attempt to bind to the specified interface when connecting to servers
  -i, --ip=ARG                      Attempt to bind to the specified IP address when connecting to servers
  -o, --host=ARG                    Specify a server, from the server list, using its host's fully qualified domain name
  -p, --progress=yes|no             Enable or disable progress bar (Note: only available for 'human-readable'
                                    or 'json' and defaults to yes when interactive)
  -P, --precision=#                 Number of decimals to use (0-8, default=2)
  -f, --format=ARG                  Output format (see below for valid formats)
  -u, --unit[=ARG]                  Output unit for displaying speeds (Note: this is only applicable
                                    for ‘human-readable’ output format and the default unit is Mbps)
  -a                                Shortcut for [-u auto-decimal-bits]
  -A                                Shortcut for [-u auto-decimal-bytes]
  -b                                Shortcut for [-u auto-binary-bits]
  -B                                Shortcut for [-u auto-binary-bytes]
      --selection-details           Show server selection details
  -v                                Logging verbosity. Specify multiple times for higher verbosity
      --output-header               Show output header for CSV and TSV formats

 Valid output formats: human-readable (default), csv, tsv, json, jsonl, json-pretty

 Machine readable formats (csv, tsv, json, jsonl, json-pretty) use bytes as the unit of measure with max precision

 Valid units for [-u] flag:
   Decimal prefix, bits per second:  bps, kbps, Mbps, Gbps
   Decimal prefix, bytes per second: B/s, kB/s, MB/s, GB/s
   Binary prefix, bits per second:   kibps, Mibps, Gibps
   Binary prefix, bytes per second:  kiB/s, MiB/s, GiB/s
   Auto-scaled prefix: auto-binary-bits, auto-binary-bytes, auto-decimal-bits, auto-decimal-bytes

実行ファイルをダブルクリック

実行ファイルをダブルクリックで勝手に測定してくれる。
ただし結果が表示されるのは数秒なのでちょっと使いづらい。

コマンドプロンプトから実行

これでスクリーンショットが撮りやすくなった。リザルトをブラウザで表示するためのURLも発行される。

https://www.speedtest.net/ja/result/c/7129d593-8eba-46f6-b88d-54228a815392

サーバーを指定して測定

サーバー一覧を表示し、サーバーを指定して測定

サーバー一覧を表示し、個人的な好みでSoftEtherを指定して測定した。
上のパラメータ一覧からサーバー一覧を取得するパラメータは「-L」なので、

speedtest -L

を実行すれば一覧が表示される。
表示されたサーバー一覧から測定したいサーバーを選び、そのサーバーIDを「-s」の後に繋げてやればOK。私はSoftEtherを選んだので以下のコマンドになった。

speedtest -s 7139

測定結果

NURO 10Gを契約している私の家での測定結果はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました