Rakuten Hand(20,000円)を購入すると24,999ポイントバックで実質マイナス4,999円

スポンサーリンク

初めて楽天モバイルを契約するなら実質0円かつ4,999ポイントくれる
既存ユーザーも実質1円(アンケート答えると実質0円)

ポイント還元詳細

2つのキャンペーンを組み合わせる必要がある。

Rakuten UN-LIMIT Vを初めて申し込むと5,000ポイント還元

  • Rakuten UN-LIMIT Vの申し込み
    • 楽天モバイルを初めて契約する場合のみ対象
  • 対象製品を利用してRakuten UN-LIMIT Vの開通
    • 申し込みの翌月末日23時59分まで
  • Rakuten Linkの利用(通話10秒以上・メッセージ1回以上)
  • 同キャンペーン特典を受け取ったことがない人のみ
    • 2回線目からはもらえない

公式サイトに記載されている対象製品はは以下の通り。

iOS端末
iOS 13.5.1以降のiPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR, iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max, iPhone SE (2020), iPhone 12, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max, iPhone 12 mini

Android端末
Android 9以降を搭載した楽天回線対応製品(リンク)

初めてRakuten UN-LIMIT Vを申し込む人のみ対象となる。
楽天モバイルを既に契約している人は対象外なので注意。

なお、対象製品のAndroid端末に関してだが、私は対象製品一覧にないGalaxy S9 Plus(SCV39)を使用したがポイントはしっかり付与された。

キャンペーン詳細はだれでも5,000ポイントプレゼントを参照。
Rakuten Handを購入する場合はキャンペーンコード1113が対象。

同日中にRakuten Handを購入で19,999ポイント還元

  • Rakuten UN-LIMIT Vの申し込み
  • 申し込みと同日中にRakuten Handの購入
  • Rakuten UN-LIMIT Vの開通
    • 申し込みの翌月末日23時59分まで
  • Rakuten Linkの利用(通話10秒以上・メッセージ1回以上)

5,000ポイント還元の条件とほとんど同じだが、1回線目のみという条件が外れている。
つまり2回線目以降でも対象だから端末が欲しい人もキャンペーンに参加できる。(その場合は実質1円となる。)

キャンペーン詳細はRakuten Hand 19,999ポイントプレゼントキャンペーンを参照してほしい。
製品購入でポイント還元キャンペーンの1160との併用は不可なので注意。

条件が被っているので楽に達成できる

2つのキャンペーンは条件がほとんど被っているので、両方とも楽に達成できる。
初回申し込みで5,000ポイントがもらえるかもらえないかに関わらず、以下の3点さえ達成すれば問題なくポイントは付与されるはず。

  • Rakuten UN-LIMIT Vの申し込み
  • 対象製品(Rakuten Handも可)を使用して開通
  • Rakuten Linkで通話10秒以上&メッセージ1回の送信

Rakuten Handの用途

対応LTEバンドが豊富なのでモバイルWi-Fiルーター代わりにも

対応LTEバンドは以下の通り。

FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B18/B19/B26/B28
TD-LTE:B38/B41/B42

楽天のメイン周波数帯であるBand3とパートナー回線のau Band18に対応しているので、テザリングによりモバイルWi-Fiルーター代わりにもいいだろう。

電池も2750mAhとそこそこ多く、129gと軽いので持ち運びも楽。
テザリングの設定も一般的なモバイルWi-Fiルーターに比べて簡単。

他社のeSIMを使用する場合

楽天モバイルのeSIMだけしか使えないわけではない。

Softbankのプラチナバンド(B8)には非対応だが、docomoのプラチナバンド(B19)とauのプラチナバンド(B18/B26)には対応している。

とはいえ、楽天モバイル以外のMNOはeSIMを提供していないのでRakuten Handを利用することはできない。
eSIMを提供しているMVNO(IIJ データプランゼロ等)は使用可能だが、APN設定は別途必要なので注意。

スペックは高くはないが必要十分

Snapdragon 720GにRAM4GBとスペックはお世辞にも高いとは言えない。
とはいえYouTube等の動画閲覧やTwitter等のSNSを楽しむ分にはスペック不足を感じることは少ないだろう。

802.11ac(Wi-Fi 5)にも対応しているし、イヤホンジャックもある。指紋認証もあればおサイフケータイにも対応。

USB Type-Cを採用しているのも嬉しいところ。今さらmicroUSBだったら持ち運ぶケーブルが増えてしまって困るところだった。iPhoneもUSB Type-Cにしてくれ。

詳しい製品仕様はスペック詳細を参照してほしい。

コスパのいい端末と無制限回線を手に入れよう

手出し2万円で19,999ポイントバック(初回なら+5,000ポイント)でサブ機には丁度いいスペックの端末を手に入れられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました