余り自作PCでNAS② OS&RAID選択

スポンサーリンク

 OSとRAIDを選ぶ……ということだが、前回の記事でRAID-Z2を使うと書いてしまったのでネタバレ感が否めない。

この記事がWordPressに移行して書くはじめての記事だ。

OS選び

正直使い慣れたWindows系OSが一番うれしいが、Windows10でSMB有効にして使ってみたところ思ったより速度が出なかったり、記憶域がPowerShell上からじゃないと柔軟に構築できないということもあり、NAS用OSを探すことにした。

有料のOSでもいいが、まずは無料のものを試してみてから乗り換えるのはアリだと思うので無料のものを探してみた。

無料で使えるOSは思ったよりたくさんある。私が聞いたことあるものはこんなところだ。

  • FreeNAS
  • XigmaNAS(旧NAS4Free)
  • OpenMediaVault

ZFSというファイルシステムを使いたい。OpemMediaVaultでも使おうと思えば使えるらしいが、難しいことはしたくないので今回は除外。

FreeNASとXigmaNASのどちらかを選ぶことになり、名前のかっこよさからXigmaNASを選択。旧名のNAS4Freeだったら選ばなかった。単純。シグマってだけでかっこいい。

XigmaNASのダウンロード先はこちら

Free NAS Software

RAID選び

前述したとおりZFSでRAIDを組むのだが、RAID5相当のRAID-Zにするか、RAID6相当のRAID-Z2にするか、トリプルパリティなRAID-Z3にするかで悩んだ。

RAIDZを組む上で何台HDDを積むかで容量効率が変わってくる。詳しく検証した方のサイトがこちら。

NAS4Free HDD台数別 認識容量

QNAPの “Enterprise ZFS NAS容量計算機” というサイトも参考になる。ZFSを構築する上でHDDの容量と台数とRAIDタイプを選択するだけである程度正確な容量が出る

QNAP Enterprise ZFS NAS
Intel Xeon E5 プロセッサ、デュアルアクティブコントローラー、ZFSにより、QNAP Enterprise ZFS NASは、ダウンタイムがほぼゼロで信頼性の高いサービスを実現します。

実際に使うHDDは8台。HDDは安物を使っているので壊れる前提で動かすつもりなのでRAID-Z3が好ましいが、どうせなら容量たっぷり使いたい。

しかし同時に2台壊れて終了も困る。2台ずつ時期をズラしてHDDを購入したのでロットで故障率が高い問題が出たとしてもいいようにRAID-Z2程度が無難か。

ということでRAID-Z2の構築に決まった。

次はXigmaNAS導入&ベンチマークでもしてみようと思う。

参考にさせていただいたサイト

無料のNAS用OSに関する情報のまとめ - Qiita
はじめに NAS用OSが市中に多数存在しており、 自宅でNASを構築する際にどのOSを選択すべきか判断に困ったため情報をまとめてみました。 ※自分用のメモなので説明が不足している点等もあるかと思います。ご了承頂ければ幸いです。 ...
XigmaNAS/NAS4FreeでRAID10ライクなNAS構築 ── GUI操作だけでZFSファイルサーバ
QNAPやSynologyのアプライアンスを買わず自前でNAS構築したい。しかも、ディスクのファイルシステムは…
NAS4Freeをインストールして中古PC/サーバでNASを作ってみよう
中古PC活用の第5弾。今回は、NAS用OSをインストールして、NASを構築してみる。NAS用OSにはさまざまあるが、今回はLinuxベースの無償NAS用OS「NAS4Free」を取り上げる。
XigmaNASでPCをLAN接続HDDにする - にゃののん日記
MicroServer N40L(RAM 8GB、HDD 4TB×4、USBメモリ 16GB)にXigmaNAS 11.2.0.4.6154をインストールしてみた。HDD 4TB×4をRAID-Z1でまとめて12TBのWindows共有フォルダにした。ネットワークドライブに割り当てて、CrystalDiskMarkで速...

コメント

タイトルとURLをコピーしました