余り自作PCでNAS① パーツ選定編

旧メインPCが余っていたので、それを活用できないかということでNASを作ることにした。

第1回となる今回はパーツ選定編。とは言っても自作PCの流用が大半だが。

なぜNASなのか

NASとは

今さら聞けない「NAS」のメリットとデメリット (1/2)
PCはもちろん、スマートフォンやタブレットのデータ保存先としても注目度が高まっている「NAS」。その導入に際して、最初に知っておきたいメリットとデメリットを紹介しよう。

「Network Attached Storage」の略語でネットワークに接続して使うHDDのことをNASと言う。

私自身G Suiteを契約しており無制限にGoogle Driveを使える身だが、いかんせん速度が気になる。PCゲームをプレイした時にShadowPlay(現在はShareというらしい)で録画した動画を逃がすためにはなかなか時間がかかる。

GoogleDriveへの転送速度は300Mbps~800Mbps程度出て高速には違いないが、それ以上に高速なストレージはないものか……と思いNASの構築に至った。

旧メインPCについて

まずは余らせていたPCパーツの紹介。紹介と言ってもパーツを列挙するだけにしておく。

  • Core i7-4790
  • DDR3-1600 4GBx4枚
  • H87 Performance
  • Define R4

ストレージ等はメインPC変更に伴って流用や売却しているので手持ちはない。NAS用にHDDを買うことにした。

新規で調達したパーツ

1つ1つ紹介する。

6TB HDD x8台

次以降の記事で書くが、RAID 6に近いRAID-Z2を構築するので同時に2台壊れても問題ない作りになる。

というわけでNAS用のHDDではなく安いHDDを選ぶことにした。

型番としてはST6000DM003が2台とWD60EZAZが4台とWD60EZRZが2台となる。最後の末尾RZ以外はSMR方式だが、NAS用途なら困ることはあまり無いだろう。

SMR?CMR?HDDの書き込み方式は2種類
今回は、この2つの書き込み方式の違いやHDDとSSDの違い、そしてHDDに起こりがちなトラブルについて詳しく見ていきましょう。

Rocket 640L

PCIe Gen2 x4(内部的にはx2)接続のSATA増設ボード。4ポートある。

HDDが増設できればなんでもいいので、秋葉原で中古のこちらを3,980円で購入……したのは5年前だったようだ。部屋のPCパーツ置き場に転がっていた。

マザーボード上でVT-dを有効にすると正常に動作しなくなる。私の環境では2ポートだけしか認識しなくなったのでVT-dは無効にしよう。

RA-500B

ATX電源。もともと使っていた電源は流石にもう使いたくないので捨て、新規に購入。

500Wで玄人志向以外で適当に選んだせいでSATA電源が少ないものを買ってしまった。しっかりSATA電源の多いものを選ぶことをおすすめする。

パーツ紹介は以上。

今度はOS選びとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました