NAS特化型SBC Kobol『Helios64』 ①開封

1月頭にNASに特化したSBC『Helios64』を購入した。
それがやっと届いたので開封する。

SBC(シングルボードコンピュータ)はRaspberry Piみたいなやつ。私も詳しいことは知らない。

9/5追記
組み立てたので記事を書いた

経緯

1/5, 6あたりにがじぇっとりっぷさんの記事を拝見し、めちゃくちゃ欲しいなと思ってしまった。

RAM4GB, SATA5本ついててケースも意外とかっこいい!
eMMCにOS書き込めそうだしmicroSDの寿命考えなくて良さそう!
ファンも80mmが2基積んであって熱問題も比較的安心できそう!

と思った直後の1/8にプレオーダー開始。295ドル。即注文。
いや、3月までの注文なら10ドル引きの285ドルだ。最高。
送料が25ドルで計310ドル。いいね。

本当ならもっと早く届く予定だったのだが、昨今の感染症の影響で発送日が遅れてしまっていた。
それでもKobol.ioの方々が頑張ってくれたおかげで製品を手に取ることができた。ありがとう。

内容物

外箱と内箱

なんか逆さまに入ってた。

平たい方の箱

SBC本体が入っている箱が潰れていてちょっと悲しい。
箱の中の箱の中の箱が潰れるってことは、輸送の時にめちゃくちゃ揺れたり投げたりされてたんだろうか。それにしては他の箱や外箱がきれいなんだが……。

内容物は以下の通り。

  • Helios64 SBC本体
  • USB-A to USB Type-C(USB3.0)ケーブル
  • Cat5e LANケーブル
  • ACアダプタ+電源ケーブル
  • バッテリーパック(UPS)

大きい方の箱

内容物一覧

内容物は以下の通り。

  • アルミ製エンクロージャー x1
  • 前面, 背面パネル x1
  • 取説 x1
  • 袋 x1
    • 3.5インチHDDプラスチックトレイ x5
    • SATA データ+電源ケーブル x1
    • フロントパネル(基板のやつ) x1
    • ネジアセンブリキット x1
    • 80mm PWMファン x2
      • ファンガード x2
    • フォームパッド x6

組み立ては次の記事で書こうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました