IODATA HDL-Z4WMC2をQNAP TS-469L化する【QNAP OEM】

スポンサーリンク

前回の記事の続き

どうやらQNAPのOEMらしい

ネットサーフィンしていると上記記事を発見。
Alexon Cloud ShelterをQNAP化した記事なのだが、どうやらこの前私が買ったHDL-Z4WMC2と近い型のように見える。

この記事曰く、Alexon Cloud ShelterはTS-469Lのファームウェアを使うことでQNAPのQTSが使えるようになるらしい。

先人に感謝。

QNAP化してみる

OSイメージをダウンロードしてUSBメモリに焼く

公式配布元から必要なイメージファイルをダウンロードする。

Firmware Recovery - QNAPedia
TS-469 Pro, TS-469L
http://eu1.qnap.com/Storage/tsd/fullimage/F_TS-469_20140516-1.2.8.img

今回使用したのはTS-469 Pro・TS-469L用のイメージファイルだ。

ファイル名F_TS-469_20140516-1.2.8.img
MD5ハッシュ4D0EACF8297AE2702F418DF8DF314F07

ダウンロードしたイメージファイルをRufus等を使ってUSBメモリに焼く。

USB DOMポートに接続してHDDを1台以上挿す

USB DOMを使う方法もあるが、USBメモリと比べて少々高価。
USBメモリと内部USB2.0 → USBメスケーブルを使用したほうが安上がりだ。私は上記のStarTechのケーブルを使用した。

ファンコネクタの下にある内部USBポートにケーブルを挿し、USBメモリを接続すれば準備完了だ。
なお、基板上に1,2,7,8まで記載されているのでピンアサインを確認して接続する。
1,2がVCC7,8がGroundなので間違えないようにしよう。

起動

起動時にビープ音が鳴るので驚かないようにしよう。私は突然音が鳴って飛び上がってしまった。

ディスプレイにIPアドレスが表示されるので他のPCやスマホからアクセスし、画面に従ってセットアップしていく……つもりだったのだが、ディスクを入れていても外していてもセットアップが完了しない。

それもそのはず。上で書き込んだのはテスト用ファームウェアで製品版のファームウェアではない。
Qfinder Proから見ても名前どころかMACアドレスすら正常に表示されない。

正常ではない

ファームウェアのアップデート

QNAP公式のManually Updating Firmwareを参考に作業をするもどうもうまく行かない。

いろいろ調べてみたところ、こちらのサイトで紹介されていた方法でアップデートができた。

QNAP NAS ファームウェアリカバリ時の「No space left on device」「Error code: FW006」エラーへのひとつの対処法
* この記事の画像は、クリックまたはタップすることで画像のみが表示されます。 【まえがき】  およそ3年弱ぶり…

上記サイトを参考にUSBメモリにアップデートファイルを置き、シンボリックリンクを作成してアップデートを実行する。(……私はあまりちゃんと理解できていないので、詳しくは上記サイトを参考にしてほしい。)
これでQNAPのNASとして正常に動作するようになった。

QNAP Qfinder Pro上でもMACアドレスが正常に表示されている

使用したファイルは以下の通り。こちらにアクセスし、型番から最新版を取得しよう。

ファイル名TS-469_20220712-4.3.4.2107.zip
MD5ハッシュA9A76C07E0459EAB24F1B1B732D123D3

CrystalDiskMarkでベンチマーク

4GiB x1回

64GiB 1回

64GiB 9回

TrueNASを入れた時のベンチマークと比較すると、ランダム性能は圧倒的にQTSを入れた時のほうが良いがシーケンシャルライトが弱いようだ。

また、QTSは32bit OSなのかRAMは4GB中3GBしか認識しなかった。
TrueNASと比べてベンチマーク中のCPU使用率はかなり低く、他のタスクがあっても問題なく動作しそうだ。

終わりに

さて、現在最新機種で使えるQTSはQTS 5なのだが、TS-469LはQTS 5へのアップデートは対象外のようだ。
QTS 4.3.4が最新版となる。

来年サポート終了するWindows Storage Server 2012を諦めてOSを消したはずなのに、QTSの方は既にサポート終了してた……という何とも言えない結果になってしまった。

パフォーマンス的にも使い勝手もTrueNASのほうが良い (慣れのおかげかもしれないが) ので、TrueNASを入れ直して使おうと思う。

参考サイト

QNAP NAS ファームウェアリカバリ時の「No space left on device」「Error code: FW006」エラーへのひとつの対処法
* この記事の画像は、クリックまたはタップすることで画像のみが表示されます。 【まえがき】  およそ3年弱ぶり…

コメント

タイトルとURLをコピーしました