【楽天証券】クレジットカードで投資信託を買ってローリスクで毎月1,250ポイントを獲得する【SBI・マネックスはこれから】

スポンサーリンク

ポイントだけ欲しいなら値動きしにくいものを選ぼう。

楽天カードで投資信託を買って1%還元は実践中

私は楽天カードを使って毎月投資信託を購入している。(嬉しいことに今のところ収益はプラス)
楽天カードを使った分の1%はポイント還元の対象となり、楽天の通常ポイントが付与される。

どうせ投資信託の購入は毎月やっているので、支払いを楽天カードにするだけで500ポイントが入るならやらないわけにはいかない。

たかが1%、されど1%。
値動きが怖ければあまり値動きのしないファンドを買って売ればいいだけ。

証券会社とクレジットカードの紹介

楽天証券 x 楽天カード (1%還元)

楽天証券で楽天カードを使用して投資信託を積立購入することで、1%の楽天ポイントが付与される。

期間限定ポイントではなく通常ポイントが付与されるので、クレジットカードの支払いにも充当できる。
つまりクレジットカードの支払い額を毎月500円減らすことができる。(投資商品が値動きしなければ)

毎月5万円の投資信託の購入にポイントを充当してもいいが、500ポイントと49,500円の投資に対してクレジットカード利用分の495ポイントの付与となってしまい、5ポイントが付与されなくなってしまう。
投資設定を5万円+500円で設定してポイント充当設定をしてもいいが、それをするくらいなら楽天カードに充当しよう。圧倒的に楽。

楽天カードクレジット決済:楽天証券
楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。

楽天証券の口座開設はハピタスを経由すると2,000円分のポイントがもらえる。(2021年2月9日現在)
楽天証券口座開設 + 1万円以上の入金が条件。必ず忘れずに入金しよう。

既存ユーザーから紹介されるよりもお得なので、必ずハピタスを経由して作成するようにしよう。

SBI証券 x 三井住友カード(6月末開始予定)

SBI証券で三井住友カードを使用して投資信託を積立購入することで0.5%のVポイントが付与される。
サービス提供開始日は2021年6月30日(水)となっているが、楽天カードと同様ならば6月30日に積立設定をしても実際に投資が開始されるのは8月1日になるだろう。

ただ、以下の点が気になる。

※1「Vポイントサービス」は、三井住友カードのWEBサイト経由でSBI証券口座を開設したお客さまで、かつVポイント対象カードをお持ちの方専用のサービスとなります。

SBI証券と三井住友カード、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」及び資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」開始日のお知らせ|株式会社SBI証券のプレスリリース

既存のSBI証券ユーザーは対象外なのかどうなのか。
しかし既存顧客を逃がすようなことはしないだろう。

2/13追記

「投信積立サービス」と「Vポイントサービス」は別物なので問題なさそう。

  • 「投信積立サービス」はVポイント0.5%還元
  • 「Vポイントサービス」は既存SBI証券ユーザーで言うところのTポイントサービス。三井住友カード経由で申し込むとTポイントではなくVポイントが貯まるようになるらしい。
SBI証券と三井住友カード、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」及び資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」開始日のお知らせ
株式会社SBI証券のプレスリリース(2021年2月5日 11時15分)SBI証券と三井住友カード、クレジットカードで投資信託が買える及び資産運用でポイントが貯まる開始日のお知らせ

SBI証券の口座開設はハピタスを経由すると4,000円分のポイントがもらえる。(2021年2月9日現在)
SBI証券口座開設 + 住信SBIネット銀行の口座開設 + SBI証券からSBIハイブリッド預金に一括で50,000円以上の振替 が条件となっている。
ちょっと面倒だがこれで4,000円がもらえる。

SBI証券では既存ユーザーからの紹介による特典は見つけられなかった。必ずハピタスを経由して作成するようにしよう。

マネックス証券 x マネックスカード(今春開始予定)

マネックス証券でマネックスカードを使用して投資信託を積立購入することで、1%のマネックスポイントが付与される。
マネックスカード自体は2021年春に発行される予定となっている。

マネックスポイントはdポイントやAmazonギフト券、nanacoポイントやANA/JALマイルにも交換できる。

マネックス証券とアプラスによる業務提携に関する基本合意書締結及び提携クレジットカード「マネックスカード」発行開始についてのお知らせ
マネックス証券株式会社のプレスリリース(2021年1月27日 15時30分)マネックス証券とアプラスによる業務提携に関する基本合意書締結及び提携クレジットカード発行開始についてのお知らせ

マネックス証券の口座開設はハピタスを経由すると7,000円分のポイントがもらえる。(2021年2月9日現在)
マネックス証券口座開設 + 1回の取引が完了することが条件。取引は日本株の注文が約定、もしくは投資信託の買付。おそらく投資信託100円の買付でOKだろう。

既存ユーザーから紹介されるよりもお得なので、必ずハピタスを経由して作成するようにしよう。

投資可能なのは証券会社1つにつき5万円/月

ひとつの証券会社につき 5万円/月 で投資が可能。
現状楽天証券とtsumiki証券で積立設定ができているそうなので証券会社につき5万円で問題ないはず。

法律により2ヶ月で10万円という規制がある、と以前どこかで読んだ。
その結果、 5万円/月 という制限になっているのだろう。(詳しいことは知らない)

なお、tsumiki証券を紹介しなかったのは積み立てる投資信託の選択肢が少なすぎるからだ。

購入する投資信託が決まっていない人へ

購入後即売却するつもりなら日本債券ファンド

投資信託は売却指示を出しても売却されるのは翌営業日になるので、ポイントだけ欲しいのであればなるべく値動きのしないファンドを選びたいところ。

ポイントが目的なら日本債券ファンドが適していそうだ。

eMAXIS Slim国内債券インデックスファンド(三菱UFJ国際投信)iFree 日本債券インデックス(大和アセットマネジメント)が信託報酬最安(0.12%)か。
個人的にはeMAXIS Slim国内債券のほうが好き。

長期保有するつもりなら株式ファンド

投資に興味があるのであれば株式ファンドを購入するのも良い。私も株式ファンドを毎月積立購入している。

株式と言っても、国内株式・米国株式・先進国株式・新興国株式・全世界株式と多数の種類がある。
数多ある投資先の中から自分が投資したいものを選ぶ必要がある。

  • 日本はこれからも成長するから日本株に投資したい
  • 株式市場の半分以上を占めるアメリカに投資したい
  • 先進国がこれからも伸び続けるから先進国全体に投資したい
  • 新興国はこれから爆発的に伸びるから新興国に投資したい
  • 全世界の経済成長に乗れる全世界株に投資したい

……など、いろいろな選択肢がある。
自分の納得の行く投資先を選ぼう。

金投資がしたい場合

金に投資をする投資信託は信託報酬が高い。その上純資産残高が少ない。
長期保有する場合は必ず日本債券等の投資信託を購入してポイントを得た上で売却、その資金を用いて金ETFを購入するのもいいだろう。

日本のETF(1326)もあるが経費率が高いのが気になるなら米国ETFのGLDMやIAUを購入するといい。
GLDを買うなら1326を買っても経費率は同じなので楽な1326を買ったほうがよさそう。

GLDM(経費率0.18%)が一番コストは安いが純資産総額は約40.7億米ドル。
GLD(経費率0.40%)はコストは高いが純資産総額は約670.3億ドル。
IAU(経費率0.25%)はコストはそこそこで純資産残高は304.5億米ドル。

純資産総額を気にするか、それともコストを気にするか、はたまたバランスのいいものにするかはご自分で。

なお私は金投資はしていない。

とりあえずポイントだけでも

投資に興味がなくても、今回紹介した3社で投資信託を購入するだけで1,250ポイントが獲得できる。(値動きしない場合)
毎月のお金に困ってない人は日本債券ファンドを積立設定しておいて、気づいた時に売ればいいだろう。

証券会社で口座開設する時は必ずポイントサイトを通すようにしよう。経由するだけでもらえるならもらったほうがいい。
今回は他よりも還元の多いハピタスを紹介した。ポイントサイトを利用する場合は、必ず各自でポイント獲得条件を確認してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました